米国 LVS : GS1認定   バーコードグレード検証・分析用卓上検査機     高速インラインタイプは、多列・混在コード、1-D、2-D全グレード検証を300M/分の高速処理、全ログ保存      同時に汚れ検査、インクジェットストリーカーチェック可能     ラベルプリンターに連動してラベル発行時に全品質検査

 

世界で最初に、GS1認定取得したオムロンは、高速インライン(ウェブ・シート)、ラベルプリンター連動用、ラベル品質検証など全てのコードをグレード検証しながら、OCR、印刷面画像検査を同時に行なう、「100%品質検証システム」を多く納入しています。

   
 
  関連業界リンク
ロールインスペクション管理システム
 
GS1.com
 

 
 

LVS 7000 インライン バーコード検証、印刷印字品質検証システム
後処理加工機、プリンターシステム登載例


Automated Roll Inspection Mapping System (RIMS)   -- (ロールインスペクション自動マッピングシステム)
RIMS
とは、オペレータが巻き取り機やスリッター機上の検査装置を使うことによって、ラベルが要求通りの品質であるか否かの判断を行ない、それが複数の製品ロール、即ち作業全体を通して管理できるシステムであることを意味しています。
全エラーのデータ保存
エラーの良否判断の基準設定
エラーごとに内容を付記

パスワード保護機能付き、検査報告書の全履歴管理
• 21 CFR Part 11
:
米国連邦規則21条第11章  (電子記録・電子署名に関する規制条例)準拠
エラー部の手動フラッギングやインクジェット等によるマーキング不要

当LVS7000システムは、機械にひとたび搭載されると、オペレータはソフトウエアを立ち上げ、新規作業の編集或いは既存ファイルの再利用で、製品に対する同期取りが完了し、運転指示すれば当システムは検証し始め、エラーデータ保存、検証結果の全保存という、後にRIMSとして活用できるデータを自動作成します。

  LVS 7000 インライン バーコード検証、印刷印字品質検証システム解説ページ

 「LVS® 7000 は、ウェブ或いはシートの進行幅方向に対して、検査領域がいくつあっても、
また進行方向に対しても、どんなピッチでも、読取り・グレード検証必要に応じ照合ができます。」

縦軸方式ラベル検査巻き替え機に登載

高速データ印字ラインに搭載
データ印字直後に、インライン バーコードグレード検証

高速データ印字ラインに搭載
DOMINOインクジェットシステムと連動。
データ印字直後に、ナンバーリング OCR/OCV検証

ラベル二次加工ラインにデータ印字と同時に搭載

インクジェット印字、ラミネート、ダイカット等と連動運用

ラベル 二次加工機に搭載
ラベル用スリッター、検品巻取り機
フォーム印刷用データ印字ライン上でインライン検証

ビジイネスフォーム 二次加工機に搭載
フォーム印刷用データ印字ライン上でインライン検証

ラベル検品機に搭載  :
横型ラベル検品機にの搭載可能  :
 
  搭載機画像へリンク
フィルム包剤印刷加工
・パッケージ加工ライン
オフライン加工機
ラベル印刷機
スリッター
データプリンター
検品機
巻き替え機
・パッケージライン
ラベルプリンター

 


輪転機取り付け図

インクジェット印刷検証

検査カメラ

Click Images above
for full size



 

LVS 7000でなにができるか?
LVS LVS7000カタログ.
LVS LVS7000 詳細説明